13/11/2018
Breaking News

Web開発現場で中心に立つプログラマ

Webの活用が広まっている影響でWeb系プログラマの需要は高まっている。活躍場面となっているのがWeb開発の現場であり、中心的な役割を果たしているのがWeb系プログラマである。
ディレクターを中心としてデザイナーやライター、イラストレーターなども必要になっているものの、Web開発を行う上ではプログラマが欠かせない。特に需要が高いのがマーケティングなどの領域であり、ECサイトの構築だけでなくSEO対策などの運用も任せられることもある。運用の仕事になるとWeb解析のスキルも必要となり、その結果に応じてアプリケーションの改善を行っていくことも求められる。
初期段階としてはスタンダードなものを用いるのが基本だが、それを運用履歴に応じてカスタマイズしていく能力が求められている。細かなプログラムを組んでオリジナルのアプリケーションを構築するよりも、スタンダードなものをよく理解し、顧客の求めに応じて最適なカスタマイズをする能力が求められる傾向も見られるようだ。それができることによって顧客からの満足度が高まり、企業としての信頼度も高まっていくことになる。
Web開発では特にアプリケーションの充実度が顧客の評価を左右することになりやすい為、安定して継続的に最適化を行っていくことで常に活躍を続けることができるだろう。このような開発や運用の現場はやりがいに満ち溢れていて、Web系プログラマとして案件に関わることは持続的なやる気を持って仕事に取り組んでいきやすいと言える。